武活等記録

ぶかつのきろく

絆2018変革転章の戦〜暁の大地 千穐楽・1(お城にて)

始まるまでは長いのに、始まったらあっという間に終わってしまう。


絆2018、あっという間の千穐楽でした。

家康様
利家様
慶次様
踊舞さん
なつさん

家康様はこの日が利家様と最後の演武。
平日を除けば踊舞さんもですね。

午前の演目は五大老。前日の、お二人だけのバージョン。
私は利家様が好きですが、家康様の表情にもとても心打たれました。泣くまいと思ってたんですけどね〜。
初めてお城で見た五大老は今年の秋くらいだったかな?利家様のお声が枯れている時で、その時の「この狸め」というお声が、かすれ具合も相まって、絞り出すように聞こえてとても良かったのです。(ご本人は意識していないだろうし、大変だったでしょうけど…)
昨日今日と見た五大老での同じ台詞は、笑っておっしゃっていました。

演武後は写真列。
利家様列、長くなるなあと思ったので、パパパと並びましたが案の定長蛇の列でした。
他の人と五大老の話をしてたらまた泣けてきて、いかんなあと心を落ち着けたんですけど、なつさんとお話ししてたらまたぼろぼろと…花粉の季節(笑)
花粉症の話になったんですけど、知ってる感じを出しちゃったら「あ、これ知っとるのか〜!まいったなあ」と言いかけた話を引っ込めそうだったので、思わず「話してください!」と言ってしまいました。
何度も書くけど(ご本人にも都度都度言ってるけど)私は利家様の引き出しから出てくる話が好きなのです。

例えば同じ本を読んだとして。得る情報としては共通のものですが、その情報の何がポイントとして引っかかったのか、それを得て何を思ったのか、は、各個人で違うものになると思います。
なので私の知っている情報であっても、利家様からも聞きたいんですよね。

ま、そんな感じで主観も入りつつのお話しは最終的に全部忘れろと言われてしまいましたが(笑)

座談途中に陣笠隊列が出来て、なつさんにさっきのお詫びを…と思ったら利家様が座談に入られて!なつさんに「あ、あ、また並びます!」と言ったら察してくださって、あたたかい言葉をかけてくださいました。
なつさんには感謝しかありません。好き!(告白)

家康様が午後は前田家の家紋のような梅の咲き誇る演武になる、というようなことを退陣間際におっしゃったので、ちらりと慶次様の長篠かなあと思ったんですがその通りでした。

家康様と利家様。
慶次様と利家様。

それぞれの演目納めの様な気がしてしまいました。
午前に家康様を持ってきたのは、絆に行く人にも配慮があったのかなと。
慶次様とはまだご出陣がありますからね。

人として、本当に利家様の事がお好きなんだなあと思う事が写真列でも座談でも色々とあって、家康様の心の内に想いを馳せてみたり。
おふたりの間にはなんとなく、信頼関係が見てとれる気がします。
そして座談で、お子さんを離し遊びに行かれた慶次様にも。純粋に遊んだのかもしれないけれど、なんとなくふたりに配慮したのかなという気もしました。

と、お城のことを書いてるだけでこんなに長くなってしまった〜!!
千穐楽についてはまた後日…。