武活等記録

ぶかつのきろく

バーフバリ王の凱旋を見たよ(ネタバレ)

※タイトル通りなのでネタバレと名のつくものがきらいな方は以下見ないでください。
配慮もなんにもなし。ただの書き散らかし。


あしあとあしあと



最近何かと話題のバーフバリを観てきました。
インド映画づいてるなーと我ながら思います。

「バーフバリ伝説誕生」の続編です。
ちなみな1は見てません。あらすじがあるから大丈夫と言われたのです。

字幕verを選んだはずなのに日本語で始まる前回のあらすじ。
響きに馴染みがなさすぎて全く頭に入ってこない人名。
あらすじなのにドラゴンボール並みに長い。
(でもお陰で前作の流れがよくわかった)

これ大丈夫かなあ、見れるんかなあと思いましたが、結論から言うと全くそんな心配はなく、
ずっと興奮しっぱなしでした。

バーフバリ!
バーフバリ!

もはや自分はマヒシュマティの国民。
拳を突き上げてバーフバリを讃えたい!

そんな気持ちになる程。
まず主役のバーフバリがカッコイイ。

筋肉で
ムチムチで
毛が濃くて
顔も濃い
優しいのに
恐ろしいほど強い!!!
でも惚れた女のためにはとことん尽くすぜ。
もう非の打ち所がないのです。

はーかっこいい。
まーかっこいい。

そしてインド映画といえば忘れてはならないのが音楽とダンス。
先日のカンフーヨガでは今までの展開をぶん投げる突然のダンスにやや混乱しましたがバーフバリも割と突然歌とダンスが始まります。
でもミュージカル的というか、あんまり不自然じゃないんですよね(こう書くとカンフーヨガがまるで不自然かのようですがあれは見たらわかる
むしろああこれをずっと見ていたい…!という気持ちになります。
展開はなかなかハードなものもあり正直血を一滴でも見るの駄目!って人にはおススメしないですが、そうじゃない人には全員に勧めたいです。
ジャンプとチャンピオンを足して2で割った感じの血の滾り方!
本当に面白かったです。

ここまで書いておいてなんですが、全然ネタバレしてないなコレ。
まあとりあえず、やってたらスクリーンで観てください。

絶対清正様好きだと思うんだけどな〜。